肌のシミやくすみ

ルミガン通販ガイド!美容コラム

肌のくすみやしみの原因

くすみやしみは年齢を重ねるとともに気になるのがお肌のトラブルです。なぜ、しみやくすみが肌に目立つようになるものなのでしょう。肌色が暗く見えることをくすみと言いますが、全体がなんとなく暗くなる場合と部分的になる場合があります。

くすみの主な原因は、血行不良やターンオーバーの乱れで古い角質がスムーズにはがれないことです。お肌の血管に十分に血が流れていると肌の色がきれいで、赤みがかります。血行が悪くなり酸素不足で血液の色が悪くなると黄色が強くなり、肌がくすんで見えます。しみの原因は、やはりなんといっても紫外線です。紫外線が皮膚に当たると皮膚にあるメラノサイトという色素細胞が反応してメラニン色素を作ります。

肌表面にメラニン色素ができることで、紫外線の作用が緩和されます。基本的には、メラニン色素は1〜2カ月でなくなります。肌のターンオーバーがうまくいかずに残ってしまうと、しみになるというわけです。しみは女性ホルモンとも深く関わっており、とくに排卵から生理が始まるまでの約2週間はしみができやすいので要注意ですので、予防対策をしっかりとすることが大切です。しみやくすみができる理由は、わかっているといえます。何が原因なのかが分かればしっかりと対策をすることでくすみやしみを解消したり防いだりすることができるでしょう。




ホーム RSS購読 サイトマップ