ナチュラルでも輝くメイク

ルミガン通販ガイド!美容コラム

ナチュラルでも輝くメイク

メイク

時代は再びナチュラルメイク?と思わせる優しいメイクと、ふっくら円いお顔が流行っているようですね。長さのあるクラシカルなゆるいカーブのボススタイルなどもですが、作り過ぎない自然な美しさが輝いて見えます。主張はしないけれど、凛とした自己主張があって、

ナチュラルメイクだと、頻繁にメイクを直す手間や、メイクが崩れて恥ずかしい思いをすることがなくなるからいいのですが、でも、頑張ってメイクをしていた分、スキンケアを頑張らなくちゃって感じかなぁと思います。
でも、どちらにしても紫外線対策など下地には気を使いますよね。だからバランスのいいナチュラルメイク、目立たせなくても目立ってしまうような輝きメイクはどうでしょう。

いくらナチュラルでも、手を抜くと「手抜きメイク」の仕上がりになってしまいますので、お顔に「影」の色をプラスするのではなく、明るく見せたい部分を輝かせましょう。

10代の女性は眉尻の上、20代の女性は目頭、30代女性は目の下〜涙袋、40代女性は目の下のくぼみ全体を少し明るくすることで自然な陰影が生まれてきます。

風水に幸せを呼ぶメイクというのがあって、年代ごとに「ここが光って見える人は運気が上がっている」というポイントがあるのですが、それを逆手にとってメイクで光らせると運気も上がるかも!?

使用するのは、白、白っぽいカラー、少しラメの入ったものになりますが、主張の強い目立つラメは控えましょう。白に抵抗のあるかたは黄色を使ってみてはどうでしょう。黄色は案外日本人の肌色に馴染みますので、使ってみるとその良さがわかります。大人の肌色に合うと思います。

あくまでもナチュラルに見せることが大切なので、自分の肌色に馴染むカラーを使うことをお勧めします。
色を塗る、乗せる、より「ぼかす」感じで、指で馴染ませるとよりナチュラルになります。自然光が当たったとき思った以上に白かった!ということもありますので気をつけましょう。

アクセントにならない程度の差し色に、今年流行りの淡いピンクを、目じり、チーク、それから、かっちりと縁取りしないようオーバーリップ気味に唇に乗せるなどすると、自然な可愛らしさを演出できると思います。

太すぎないアイライン、盛り過ぎないマスカラ・つけまつ毛で、輝きメイクをキープしましょう。
優しそうで、凛として、個性の輝きを大切に、より自分を魅力的にみせることができると思います。







ホーム RSS購読 サイトマップ