綺麗な髪に変える生活習慣

ルミガン通販ガイド!美容コラム

綺麗な髪に変える生活習慣

髪をドライヤー

女性にとって髪は「女子力」の象徴であり、生活習慣の乱れが出やすいので第一印象を大きく左右します。髪が綺麗な女性は努力の証であり、それだけで清潔で綺麗な女性だという印象が良くなります。ヘアケアは女性にとって欠かせない大切なことです。

まず日頃の基本的なポイントは、お風呂に入る前には毛先から絡まった髪がないように、丁寧に髪をブラッシングすることです。このブラッシングで、髪についた埃や汚れを浮かせて取り除きやすくします。普段からこまめにブラッシングすることも、埃や抜け毛を取り除くことが出来るので心掛けていけると良いでしょう。

髪はシャンプーする前にしっかりとすすいで、皮脂の汚れを流します。シャンプーする時は指の腹で優しくマッサージするように洗い、しっかりと洗い流すようにしましょう。コンディショナーは毛先から中間まで、痛んでる部分に使用します。水気をとってある髪の方が、コンディショナーは浸透しやすくなります。ドライヤーは濡れた髪を痛めやすいので、出来れば低温でブラッシングしながら乾かすのが良いでしょう。

最後は冷風で乾かすと、髪に栄養分が閉じ込めて潤いのある髪の毛になります。更に、ヘアトリートメントは様々な種類があるので、自分の髪質に合ったものや好きな香りのものを選んで、普段から使用するのがオススメです。そして、体調にも影響が出る食生活や睡眠も、綺麗な髪になるには大切なことです。

髪は夜育つので、22時から2時までのゴールデンタイムはもちろん、出来るだけ多くの睡眠時間を摂ることで髪が育つことが出来ます。食生活に関しては、髪の毛にとって必要な栄養素を積極的に摂取していきましょう。髪の毛の99%がたんぱく質で出来ているので、鶏むね肉や鶏ささみなどの肉類、サバや鮭などの魚類、大豆製品や卵を摂取して、髪の毛の基盤を作ることが大切です。

たんぱく質の合成するのに必要なのは亜鉛や葉酸で、牡蠣やナッツ類、ワカメや昆布に含まれています。髪の毛を育てるビタミンB2とビタミンB6は、きのこ類やブロッコリー、ほうれん草に含まれていて、美肌にも効果が期待できるので、食生活に取り入れていくと良いでしょう。






ホーム RSS購読 サイトマップ