30代から始めるアンチエイジング

ルミガン通販ガイド!美容コラム

30代から始めるアンチエイジング

加齢による老化は誰にでも起こる自然現象ですが、同じ年の人たちの見た目がすべて同年齢とは限りません。アンチエイジングとは、ずばり見た目年齢の老化を防ぐことです。つまり、老化の原因を抑え、進行を予防したり遅くするということで、少しでも身体を若い状態で保っておくことです。アンチエイジングを行うと、身体に良いばかりでなく見た目も若いままで居られるので良いことづくしです。これからアンチエイジングに必要な生活習慣をご紹介します。

身体の若さを保つには、エストロゲンという女性ホルモンが不可欠です。このホルモンは20代をピークにどんどん分泌量が減っていくので、意識して女性ホルモンの育成を促す必要があります。エストロゲンは、肌や髪の毛の潤いを保ったり、バストを作ったり、女性らしい丸みのある身体を作るものです。これが不足すると男性ホルモンが増え、性格が攻撃的で強くなったり、怒りっぽくなったりするのでイライラしやすくなり、ストレスが増える原因にもなってしまいます。更年期障害の女性が怒りっぽくなりやすいのは、エストロゲンの急激な減少によるものです。ストレスが増えると身体内の血行の流れも悪くなり、新陳代謝も悪くなるので身体に必要な栄養素が運ばれにくくなります。アンチエイジングの大敵です。

そこで、女性ホルモンを増やすには、まず、身体の疲れを取ることです。ずばり、睡眠です。睡眠不足で疲れがある状態だと、イライラしやすく男性ホルモンが増えてしまいます。良質な睡眠を取ることで、睡眠中にエストロゲンがたくさん分泌されます。睡眠中でしかエストロゲンは分泌されません。ぐっすり眠れば翌朝には気分もシャキッとし、身体も元気になるので心身ともにアクティブに過ごせます。

次に必要なのは、適度な運動です。といっても特別なことをしなくても大丈夫です。1日1回のラジオ体操だけでも、毎日行えば大きな違いとなってきます。運動をすることによって汗をかくので身体内の毒素が排出されますし、血行が良くなるので身体に必要な栄養が隅々まで運ばれやすくなります。血行が悪いと肌や髪の毛の活性化も抑えられてしまうので、若々しい状態を保つことが難しくなります。

最後に、大豆食品をたくさん摂取してください。大豆に含まれるイソフラボンという物質には、エストロゲンと似たような作用があります。日々の食事に大豆食品をたくさん取り入れることで、エストロゲンの不足を補うことができます。主に、納豆、豆乳や豆腐に多く含まれています。

アンチエイジングに高価な化粧品は必要ありません。日ごろの生活習慣を見直すだけでアンチエイジングを行うことができます。睡眠、運動、食事の基本生活が身体の若さを保つ上で大事なのです。




ホーム RSS購読 サイトマップ