プチ断食で身体も心も綺麗に

ルミガン通販ガイド!美容コラム

プチ断食で身体も心も綺麗に

断食と聞くと、とても辛いイメージがありませんか?

空腹を耐え忍ばなければならない、何も口に入れてはいけない…などなど、とても辛いものだと解釈している人も多いことかと思います。

でも実は、人間の体は空腹時に、なんとか生命を繋げようと、普段は働かないような細胞も活性化されるのです。つまり、隠れているパワーが発揮されるということですね。

空腹時には、集中力が増すなど聞いたことがあると思います。実は満腹になると眠くなるという経験は誰にでもあると思いますが、それくらい消化という活動は動物の身体にとって、とても大変なものなのです。

だから、断食はダイエットというよりは身体にお休みをさせてあげると考える方がいいですね。有名なのが梅湯流しです。2日ほど絶食して、荒く切った野菜と丼いっぱいの梅湯を飲んで食べると宿便がどんどん身体から排出され、とても身体がスッキリします。感覚的には自然な下剤だとか…。一回で4キロほど落ちるそうです。

でも、いきなり2日は難しいという方にお勧めなのが、『夜だけプチ断食』です。朝とお昼は普通に食事を摂ります。それ以降は何も食べずに、水分補給だけを行ないます。

この断食のポイントとして、3点ほどあります。

@水分補給はこまめに取る
ご飯を食べない分、食物からの水分が摂取できず、脱水になってしまう恐れがあります。ここは徹底して気をつけましょう。
また水分が足りないと、便も硬くなってしまい、ちゃんと排出されなくなり、身体に悪いです。一日2リットルくらいを目安に飲みましょう。

A朝と昼はしっかり食べる
栄養が一番吸収されやすいのは夜で、逆にエネルギーになりやすいのは昼間です。
夜我慢するのだからと、お昼をしっかり食べてください。身体は夜に食べ物が体内に入って来なければ、しっかりと昼間摂取した栄養を隅々まで分解し、エネルギーに変えてくれます。一食抜いて、次の日の朝にとても吸収されてしまうのでは?と不安に思う方もいらっしゃると思いますが、このプチ断食では、しばらく休めた胃腸に食べ物が入ってくることで、胃腸がいつも以上に働いてくれます。なので安心して、朝昼はしっかり食べてください。バランスの良い食事が大切です。

B無理をしすぎない
どうしてもお腹が、減ったと我慢できないときは、野菜スープやゼリー、ヨーグルトなど、なるべく固形物以外のものを食べてください。我慢することは身体によくありません。断食=身体を休めるというイメージで取り組んでください。休めているのに、空腹が辛くてそれがストレスになってしまったら身体によくありません。

裕福な世の中になったからこそ、食べ物のありがたみをもう一度感じるためにもプチ断食はオススメです。ぜひお試しくださいね。




ホーム RSS購読 サイトマップ