保湿効果が全く変わる!肌や髪に蓋をするのを忘れずに

ルミガン通販ガイド!美容コラム

保湿効果が全く変わる!肌や髪に蓋をするのを忘れずに

春は花粉でお肌が荒れ、夏は紫外線によるダメージ、秋は空気が乾燥しはじめ、冬は忙しくてお手入れをしている暇がない!一年を通して丁寧なスキンケアやヘアケアを心がけたいものですが、毎日毎日時間をかけてもいられません。

一日があと数時間でもあればいいのに…
なんて、思ったことはありませんか?私は毎日のように思っています。家事や育児に追われ、分刻みで慌ただしく動いているうちにあっという間に一日が終わり、やっと子どもが眠ったころには私自身もぐったりと電池切れ…

数時間とは言わなくても、せめてあと15分くらいあったら…とは思いますが、時間があったらあったで、ダラダラと過ごしてしまいそうな気もします。

私の思う『丁寧なスキンケア』は、きれいに洗顔したあと、ブースター、化粧水、美容液、乳液、クリームを順番通りにしっかりと使用し、更に美顔器やスチーマーを追加したもの。

『丁寧なヘアケア』は、シャンプーに加えトリートメント、ヘアオイルまでして、傷めないように気をつけながらブローすること。

これらを毎日、きちんと時間をかけて使用した肌や髪はどんなにきれいなのだろう…憧れます。

春夏秋冬、季節に関係なくしっかりと保湿をすることが何よりも大切であることは、皆さんご存知だと思います。それは肌だけでなく、髪も同じです。カサカサの肌やパサパサの髪に足りないものは、水分や油分。年齢を重ねるにつれ、どうしても体から減っていってしまうものではありますが、だからと言って諦めてしまうのはもったいないですよね。

手間も時間もかけずに行う保湿、そこで大事なものは【蓋】です。蓋と言ってもお鍋の蓋ではありません!肌や髪に、蓋をしてあげるのです。洗顔後やシャンプー後は、体に水分をしっかり補給した状態。その状態をそのまま放置してしまっては、せっかく補った水分はどんどん蒸発してしまいます。

そこで使用するのが、クリームやオイルといったケア用品。水分が抜けていかぬよう、それらで蓋をするのです。いくら時間がないとはいえ、お風呂に入らない人は居ないと思います。毎日の入浴後、化粧水をパパッとつけただけではすぐにまた乾燥してしまいますが、そこへクリームで蓋をするだけで、化粧水だけを使用したときとは全く別の肌になります。

髪も、ドライヤーの前にオイルをプラスするだけで、熱から受けるダメージが変わります。

足りないものは補うのが一番!最近は様々なダメージケア商品があります。自分の肌質、髪質に合った商品の力を借りて、ケアしましょう。忙しく時間のない中でも【蓋】を忘れず、きれいになりましょう!




ホーム RSS購読 サイトマップ